1982年にHaruo“HELLWAR”Nakagawa(B&Vo)が、実兄Tomoji(G)とHiroyasu Ishijima(Dr)(2人は当時、京都のSPEED METAL BAND「SPELLBOUND」のメンバーとしても活動していた)の3人で結成。
翌1983年、HELLWAR(B&Vo)、Toyozo “ZAP‐T” Yamada(G)、Masato Kinuta(Dr)のラインナップとなる。

ライヴ活動を中心としながらも音源を精力的に発表し、1990年までに3本のデモ・テープと7インチ・シングル1枚、3枚のオムニバス・アルバムと2本のオムニバス・ビデオへの参加、そしてファンジンの協力を得て海外へのアプローチも積極的に行った(当時NEW RENAISSANCE RECORDSからのアルバム・オファーの話があったが条件が合わず、契約には至らなかった)。

1991年にKinutaが脱退し、元VEXATIONのKenjiro Azuma(Dr)が加入する。
1992年には1stアルバム『RAGING FURY』をsub・rock recordsよりリリース。
1993年にアルバム発売記念となる東名阪ツアーを行い、大阪難波のROCKETSでは2度目となるワンマン・ライヴを行う(入場者全員に、新曲(当時)1曲を収めたデモ・テープを無料配布)。
同年、ZAP‐T、Azumaが共に脱退。

元EXZONEのMaruo(G)、元NARCOTIC GREEDのYusuke Kikuno(Dr)が加入するが、約1年後にMaruoが脱退。
Kenta Nakamura(G)を迎え、1995年に5本目のデモ音源をリリース。
Kikuno、次いでNakamuraが脱退するが、1998年にToru Kashii(G)が加入する。
現TSUKA&MAROのMaro(Dr)がサポートとして参加し、その後元EXZONE/SNAGGLE TOOTH/OVERDOSEのMasayuki Higuchi(Dr)が加入。
オムニバス・アルバムへ1曲提供した後、1999年3月にミニ・アルバム『DEAL YOU A FATAL BLOW』をSURVIVE RECORDSよりリリース。
自ら企画するライヴ・イベント「HOUNDS OF HADES(ハウンズ・オブ・ヘイデス)」も開始する。

TANKARD(Germany)、MARDUK(Sweden)、2000年10月にはDERANGED(Sweden)のオープニング・アクトを務めるが、このライヴを最後にKashiiが脱退。

2001年1月、Makoto Kushihashi(G)が加入する。
2002年11月、CATAPLEXY等の協力により、UNITED/JURASSIC JADE/SABBAT/SOLITUDE/ NEGAROBO/TERROR SQUAD/KING'S EVILを招き、ROCKETSにて2日間に渡り、結成20周年記念ライヴを行う(入場者全員に、4曲入りデモCD『THE AGGRESSION AND THE FURIOUS』を無料配布)。

2003年3月、Kushihashiが脱退するが、ZAP‐Tが電撃復帰。

2004年2月にTHE BLACK DAHLIA MURDER(USA)のオープニング・アクトを務める。
2006年8月に、プロモーションを目的としたデモ音源を3曲録音するが、同年12月のライヴを最後にHiguchiが脱退。

2008年、Akihiro Imai(Dr)のサポートを得て2回ライヴを行い、その後、Sota“E-DEAD”Konishi(Dr)が新たなサポート・メンバーとして参加。
2006年にプロモーション用にレコーディングした3曲をリマスターし、『ZANBA-SWORDKILL Demo』として発表。

2011年2月、ROCK STAKK RECORDS/RIVERGE主催のTHRASH METALイベント「TRUE THRASH FEST」に出演し、RAZOR(Canada)、FUELED BY FIRE(USA)と共演。
E-DEADが2012年4月の名古屋でのライヴを最後に、サポートを一旦終了。

Imai(Dr)のサポートを再度得て、E-DEAD在籍時に開始したが一時中断していたニュー・アルバムのレコーディングを再開する。
そして2013年9月11日に、現在入手不可能となっているデモ/EPから厳選された15曲をリマスターしたスペシャル・ディスク付き2枚組仕様で、2ndアルバム『BLACK BELT』をSPIRITUAL BEASTよりリリースし、名古屋⇒東京⇒福岡⇒大阪⇒東京と回る、アルバム発売記念ツアーを行なう。
このアルバム発売記念ツアー終了と同時にImaiのサポートも終了。

2014年、E-DEADが復帰し、正式メンバーとなる。

2016年9月、1992年リリースの1stアルバム「RAGING FURY」をリマスター、ボーナス・トラック2曲追加、ジャケット新装、タイトルも新たに発売25周年記念盤「激怒荒狂GEKIDO‐ARAKURE」として再リリースする。
2016年12月のライヴをもって、E‐DEADが脱退。